スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多分、大河ドラマの影響もある特別展

夜勤で休日いなかったとはいえ、すっかりサボってしまっていた・・・

という事で、休日出勤した分の振替休暇として、両国の江戸東京博物館でやっている
五百羅漢展に行ってきました。

http://500rakan.exhn.jp/

江戸末期に狩野一信という絵師が100幅にも及ぶ「五百羅漢図」を増上寺に納め
明治、大正までは増上寺の名物になっていたそうですが、太平洋戦争中に消失。
幻の絵画と言われていました。近年、経堂に状態も良好なまま保管されていたのを発見
今回、一挙公開にいたったわけです。

絵柄は中国様式がベースながらも、なんでもあり感満載。民衆に見せる事を前提にしているせいか
とにかく詰め込んでくる。動物、植物、鬼、竜、天人、外国の王、修羅、兵士ととにかく種類方法。
その上、本筋も五百羅漢は結構仕事サボってるし、ニヤニヤ笑ってるだけだったり
話してわからない奴にはビーム、ビーム。時々暴風と無茶苦茶。
江戸時代ならではのパワーを感じる事が出来るので関東近郊に住んでいる人は
是非見ておくべきかと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

gokuchou

Author:gokuchou
書いている人:ごくちょ

このブログはサークル グラットンさんのサークル情報やボードゲームのレビューを行っているブログです。更新頻度はコミケの当選率並に低いのでご注意を

つぶやいてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。