スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママーあそこにヘンなおじちゃんがいるよー

年をとったのかなんなのか知らないがプリキュアの楽しみ方がわかってきたらしい。
映画「プリキュアオールスターズ ニューステージ みらいのおともだち」に
ファミリー層が大量にいるにもかかわらず、見に行くという大友っぷりを発揮しました。

ネットで色々騒がれていたプリキュア5GoGoまでのキャラのセリフや変身シーンが無い事は
違和感は感じるけど、前作で全員揃うのは最後といっていたし
ようじょが見ているかどうかわからない作品を切るのはある意味仕方ないとも思ったり。
今後は特撮同様に去年と今年ぐらいとかになるのかしらん。

ストーリーについては説教臭いと評判の成田脚本だから諦めるべき。
なぜ自分はプリキュアになれないのか。というテーマってデジモン02でも見たけど
結構普遍的なテーマなのかねえ。デジモン02は結局、最後の展開でgdgdになったけど。
他の人の感想で書いてあった最後の太ももシーンは顔を出さない事で誰でもプリキュアになれる。
との隠喩というのはなるほどと思った。しかも歩き方で誰かわかるのは見事。

アクションは及第点だと思うけど、主題の展開、及び敵の必殺技吸収、さらに
舞台がみなとみらいだから都市が破壊出来ないのもありカタルシスが足りない。
最初の必殺技しか使っていないし、どうあれ横浜は犠牲になったのだ…という話になんですよ。
盛り上がる為に横浜駅ぐらい壊せばいいんですよ。どうせいつも工事中なんだし

能登キュアことキュアエコーは色々と騒がれていたけど、おまけでした。
横で大友が設定は?みたいな事いっていたけど誰でも慣れるというテーマだから
なんでも使えるでいいんだと思う。

今回の作品は、お祭り目当てで行くならダメだけど楽しめる作品です。はい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gokuchou

Author:gokuchou
書いている人:ごくちょ

このブログはサークル グラットンさんのサークル情報やボードゲームのレビューを行っているブログです。更新頻度はコミケの当選率並に低いのでご注意を

つぶやいてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。